teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:73/100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

氷室京介は眩しい朝日を知っている人だよ

 投稿者:尾崎豊  投稿日:2002年 1月20日(日)02時03分13秒
  通報
  もう何年前になるかな。新宿のロフトで毎晩明け方まで飲んでた不良だった。俺はいつも酔っ払って、床にぶっ倒れて気を失ってたよね。そこにはBOOWYも、アナーキーも、ARBも鈴木賢司も皆いた。ロフトの薄暗い階段を下って、煙草の煙にむせかえったテーブルに座りながらバーボンをロックで飲ってるんだ。BOOWYが盛んに演ってる頃、俺は一年ばかりニューヨークにいて日本のことあんまり知らなかった。だから日本に帰ってきたときはびっくりした。すげえ人気で・・・・。一度だけ熊本のイベントで会ったんだけど、挨拶もできなかった。ごめんなさい。あの頃俺、すごく落ち込んでてさ。ロフトじゃ、世話になったのにね。氷室さん、最近はどうですか。曲は聞いてます。いつか機会があったら飲りましょうか。ロフトの階段を上がると知らぬ間に朝が来ていて、朝日が眩しすぎるほど輝いていた。それは、さほど楽なものじゃなかったけど、悪くもなかった・・・・。  
 
》記事一覧表示

新着順:73/100 《前のページ | 次のページ》
/100