teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:東洋大学一覧  投稿日:2017年 8月17日(木)10時22分34秒
  東洋大学一覧
http://dl.ndl.go.jp/search/searchResult?featureCode=all&searchWord=%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E4%B8%80%E8%A6%A7&viewRestricted=0

・大正7年
・大正13年
・大正14年
・昭和9年
・昭和12年

どれを見ても「白山の哲学」とは書かれていない。
 
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2017年 8月16日(水)23時41分40秒
  春優勝しても、秋優勝出来ない。2009、2010、2011。

春優勝すると、全日本後、あちこちに連れ回されて、壊されて戻るから。特に2011の藤岡なんかは、あちこち連れ回されて、疲労困憊で秋を迎えた。高橋監督も馬鹿正直で、スケジュール管理が出来ない。また、勝ちへの執念もどこまで、だから。
 

(無題)

 投稿者:復活  投稿日:2017年 8月16日(水)18時41分23秒
  長島忠美衆議院議員が脳卒中で入院されました。
病状は不明ですが、早期ご回復をお祈り致します。
 

秋のシーズン

 投稿者:残抗  投稿日:2017年 8月16日(水)18時37分30秒
   春のシーズン優勝校のスレは、通常、秋のシーズンも優勝して、連覇を期待したいと書くが、そういうコメントは、この掲示板ではあまり見かけない。連覇して、神宮大会で東都代表としての意地を見せるよう頑張ってもらいたい。  

(無題)

 投稿者:東洋大学史紀要  投稿日:2017年 8月16日(水)09時55分5秒
  そもそも「東都の三名門校」と書かれた『学祖井上円了研究と東洋大学学術研究の一班』とは何か?

東洋大学史紀要 | 東洋大学
https://www.toyo.ac.jp/site/enryo/publication01-09.html

井上円了に関する研究史(2012年)

東洋大学にも先行研究がなかったのかといえば、「学祖研究室」というものがあった(天野才八「学祖研究室について」『井上円了研究』7号、153~159頁参照)。昭和31年に設置され、責任者は宮西一積氏(日本思想史)、顧問は井上円了の長男の玄一氏、その他に助手2名という組織であった。この学祖研究室の目的は、「翌32年の70周年記念事業のために設置されたもので、その目的の一つは井上円了先生の研究をして東洋大学の今後を検討すること、もう一つは記念事業を盛大にやってそれを契機に新しい事業を企画・推進すること」であった。2ヵ月に1回の研究会を行なってこと、井上家からの資料(哲学堂所蔵)を調査することであった。その成果は、柳井正夫編『学祖井上円了研究と東洋大学学術研究の一班』にまとめられていると言われている。昭和34年には学祖研究は大学付属の東洋学研究所に移行した。助手をしていた天野氏は「学祖研究室は当初は意欲的で勢いもありましたが、やがてしりすぼみになっていったというのが当時の状況ではなかったかと思います。」また「学祖研究室時代というのは客観研究という段階ではなく、学祖への関心の種を蒔こうとしたものであったと思います。……70周年記念事業のために設立されたもので……学祖に関する研究というにはほど遠かったように思います。」と述べている。

>客観研究という段階ではなく、学祖への関心の種を蒔こうとしたものであった・・・これが真実。
 

(無題)

 投稿者:カイジ  投稿日:2017年 8月15日(火)10時13分18秒
  何で復活が書き込めるようになっとるんじゃ?  

全日本大学選抜相撲大会

 投稿者:はっぴいえんど  投稿日:2017年 8月15日(火)07時51分17秒
  東洋大15年ぶり優勝!
決勝
東洋大3ー近大2
○城山おしだし       渡辺
○西野おしだし       山口
    寺沢よりたおし○谷岡
    深井おしたおし○元林
○白石はたきこみ    肥後

 

久しぶりに掲示板を見たら

 投稿者:温厚紳士OB  投稿日:2017年 8月14日(月)23時03分35秒
  社会ではお互いの個性を認め、
敬意を込めた付き合いができないと、
独りよがりに陥るのではないでしょうか。

久しぶりに掲示板を見たら、
一方的な悪意の感心しない記述で、
掲示板の主旨を逸脱した内容でした。
 

削除願い

 投稿者:関東OB  投稿日:2017年 8月14日(月)22時27分36秒
  管理人様。
連投された下劣投稿を含め、リーグや大学を侮辱した投稿を全て削除して下さい。

 

「勝てる訳がない」さま

 投稿者:その通り!  投稿日:2017年 8月14日(月)07時27分55秒
  おっしゃる通りです。
六大学の一番下のブランドたる「ほーせー」でさえも近年では「トートw」一部の現在唯一の有名二流大学?である「ちゅーおー」と同じかそれ以上のブランドですから、頭悪くて無名の「トートw」になんて来るやついませんよ。
二部まで入れてもまともな大学は「ちゅーおー」「あおがく」の2つしかないんですから。

平日開催だからどうこう...なんていってるようじゃねぇ。
そのまえにまともな大学になってから言えってことですよ。

まともな高校の人は「東都」なんて言葉知らないで大学選びますし、「日東駒専」ってだけで汚物扱いですから。

 

懲りないお方

 投稿者:スル―特命  投稿日:2017年 8月14日(月)02時59分10秒
  ハンドルネーム変えて?の連日連夜のしつこい、したり顔の投稿、目障りきわまりない。その前に言うことあるはずですが(昔に戻れるのに自ら放棄?)浮いているんですよ!
ここの方々も、もうアキレているはず。
 

競歩20キロ松永選手38位

 投稿者:花見星座  投稿日:2017年 8月14日(月)00時08分44秒
  世界陸上競歩20キロでリオオリンピック7位入賞の松永選手が熱中症と思われる症状の中、
38位でフィ二シュ。ストレチャーで運ばれる映像がながれましたが心配です。
私事ながら、盆休みで読書に勤しみ増補版『箱根駅伝』中央公論新社刊の第一部の柏原竜二を
読み終えた後で、本書の内容と照らし合わせ考えさせられました。

蛇足ながら裏番組の『しくじり先生』も強烈でしたね。竹中平蔵総務大臣引退の余波で繰り上げ
当選した神取忍さんの数奇な運命、恐ろしいです。政界には魔物が潜んでいるんですね。
 

管理人さま

 投稿者:復活  投稿日:2017年 8月13日(日)15時59分31秒
  IPブロックの解除、ありがとうございました。
そして、今朝の、桐生君のすばらしい走り、
私は、同時に歓喜いたしました。
 

桐生選手400mリレーで銅

 投稿者:花見星座  投稿日:2017年 8月13日(日)07時10分3秒
  世界陸上男子400メーターリレーで桐生祥秀選手が3走目を走り、銅メダルを獲得。
おめでとうございました。
昨年のリオオリンピックに続く同種目のメダルで、ボルト選手のアクシデントによる棚ぼた的なものもありましたが、
それも運をもっているということなのでしょうね。
陸連機関誌の表紙を飾るのも、恒例でまた楽しみが増えました。
 

東都の凋落

 投稿者:はっぴいえんど  投稿日:2017年 8月12日(土)21時17分17秒
  六大学は、昔も今もブランド力で優秀な高校球児をそこそこ集められる。
東都に関しては、以前は当然のように来てくれた優秀な選手が地方大学に流れていっているように思える。
 

(無題)

 投稿者:勝てる訳がない  投稿日:2017年 8月12日(土)12時48分57秒
  はるかに弱いですよ。5年以上前の話は全く過去。東都は、全日本において、4年連続で、ベスト4すらなっていない。トーナメントのシードも失い、名誉挽回と意気込んだはずの、今春はあろうことか最悪中の最悪の初戦大敗!東洋の高橋監督の開催前日の大言は、さらに恥の上塗り。六大学の立教は優勝!六大学よりはるかに弱い!  

(無題)

 投稿者:残抗  投稿日:2017年 8月12日(土)08時09分1秒
   大相撲において、一番価値があるのは、幕内優勝である。下の投稿で、東都は六大学よりはるかに弱いという意見には賛成できない。横綱同士の取り組みで相手横綱に対して強いが、幕内最高優勝の数では劣っているのが、東都と六大学の関係と類似しているのではないだろうか?
 全日本の優勝回数では、全体で六大学25回、東都24回、直近10年間を見ても六大学4回、東都3回という結果になっている。戦国東都ではあるが、実力の東都とはいいがたい状況になりつつある。
 東都には、根強いファンがいるのは、事実である。今週の神宮大会は、是非,覇権奪回を東都勢に期待したい。
 

(無題)

 投稿者:勝てる訳がない  投稿日:2017年 8月12日(土)07時24分47秒
  六大学との観客の差は、平日休日の差だけではない。

・東都は六大学よりはるかに弱い。明治神宮大会、全日本大学野球選手権と、連続して優勝した六大学に対し、東都は早期敗退の繰り返し。特に今春、優勝した東洋は愚かにも初戦大敗!事実だからね。

・迫力、雰囲気、サービス精神(ポイントカード、グッズ販売など)など、すべて上!!

・大学名、歴史、卒業生数では、全く勝てない。

・応援団、チアガールの質、数、すべて上!!応援団においては、東大にも勝てない。

・チケットがはるかに安い。六大学においては、応援席500円、外野席700円に対し、東都はすべて1200円前後。平日な上、料金高いでは観客集まる道理がない。

・単に平日休日の差のみならず、平日でも六大学には水曜日まで優先権がある。土曜から開催が確定してる上、これだから予定が立てやすい。東都は、六大学の結果や天候に露骨に左右され、変更だらけで予定が立てられない。

平日開催だけが観客数を左右すると、まだ思っていたのかい?いやはや苦笑。実力なし、料金高い、質は低い、サービスなし、変更だらけでは観客集まる訳がないだろ。
 

東都大学野球

 投稿者:T.T.  投稿日:2017年 8月12日(土)01時25分26秒
  花見星座さん、私も見ました。
開催日は、六大学野球は土曜日・日曜日の大学の授業が休みです
東都大学野球は火曜日・水曜日の開催日は授業があるので差は大きいですね。
これから、スポーツと言えども集客と収入を上げる時代ですから考えなくてはならない
時代です。
 

東都野球集客力は千人前後

 投稿者:花見星座  投稿日:2017年 8月12日(土)00時19分3秒
  8月7日付けの朝日新聞夕刊1面(東京)に「大学スポーツ収益を狙え!」という意欲的な記事がありました。
各大学の意欲的取組みの記事の最後に六大学野球と東都大学野球の1試合平均の観客数の比較があり、
前者が1万人規模で前後するのに対し、後者は千人前後と書かれていました。
厳しいですね。
 

レンタル掲示板
/753